ダイエットを成功させる秘訣は食事・運動・そして着る服?

できるだけ楽して痩せたい。しんどいダイエットは嫌。私ももちろんその一人。そんなズボラさん達でも続けやすいダイエットがあります。それが、着るだけで身が引き締まる着圧式ガードル。

ここ最近、着るだけで身を引き締めてくれる着圧の服が人気を高めています。履くだけという手軽さが人気の秘訣ですね。

特に加圧式の着圧インナーガードルは、履くだけでダイエット効果があると言われています。

食事に気を使うダイエットや、その他適度な運動に加えて、着圧式のガードルを身に着けるっていうのもダイエットを促進させる手助けになります。

しかし、本当に効果はあるのか気になりますよね。かなり詳しく書いてあるサイトがありますので興味のある方はぜひ。

大人気骨盤ガードルの口コミはこちら

  • アマゾン第1位
  • 楽天第1位
  • ヤフーショッピング第1位

 

公式サイトはこちら

 

 

 

 

多くの方が悩んでいるメタボ問題ですが、「あれこれ試しても効果がない、痩せてない、全部嘘!」と思っている方がいらっしゃいますが、そもそもきちんとした知識と方法でやればお腹、メタボを解消することができます。

今回は、メタボ解消における知識と方法をご紹介します。

・メタボの基準

まず、メタボの基準ですが、日本で発表されている基準値は男性が85cm以上に対し女性が90cm以上と一途けられていますが、よくよく考えるとこの基準値の設定がおかしいのです。

その理由として、お腹周りの数値でメタボ判断するのは変という点です。身長、体重とそれに体が大きい人であれば、お腹周りが大きくなるのは当然です。

特に身長が高い人がよくメタボ判断されていますが、あれは日本人の平均身長におけるものなので訂正が必要になります。最大の理由は女性のメタボ基準が男性より上であるということです。

女性はウエスト数値が80㎝を超えた時点でメタボより生活習慣病が絡んできますのでそちらのリスクの方が大きいです。

この設定の裏には、女性は男性に比べ皮下脂肪が多いために設定されましたが、世界的に女性が男性より設定値、基準値が上回っているのは日本だけです。

実際女性は男性に比べ、体格が小柄なので設定をうのみにする必要はありません。日本は女性基準が甘すぎるというのが事実です。

これからご紹介することをしていただければ基本的にメタボから脱出できますのでぜひ実践していただきたいと思います。

・メタボ原因(女性)

メタボになる原因ですが、実は女性、男性とではメタボの主原因は異なるということはご存じですか?共通でっはりますが、その前にまずその相違点を知ることが先決です。

女性からですが、女性は基本男性に比べメタボに成りにくい体質になっています。女性はうれしいことに、メタボになりにくい主原因がエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一種なのですが、これが体内で代謝を高め、内臓脂肪を分解してくれます。

これがあることによって妊娠を控えた女性が内臓脂肪が付きにくいのは、このエストロゲンが主にそれを防いでくれています。まエストロゲンは満腹中枢を刺激し、レプチンを分泌しそれが過食を抑えているのです。

ところが更年期になると、エストロゲンの働きが低下し、内臓脂肪がたまります。また満腹中枢のレプチンもへり、その分空腹中枢のグレリンが増加するため食欲が沸いてきます。

つまり更年期になると、食欲が沸きそれに伴い内臓脂肪がつくというのが原因です。

・メタボ原因(男性)

男性に関しては、メタボの原因の前に絶対にメタボから抜け出す必要がないと言いう点です。特に男性は、メタボになる原因がとくに特定できるわけではなく様々な要素、食事、喫煙などの応訴がたまりメタボになる人が大概です。

しかしメタボになると、つまり内臓脂肪が増加すると、超善玉ホルモンアディポネクチンが減少しています。このアディポネクチンがどのような影響力がるのかと言うと、まず傷ついた血管の修復、血圧、血糖値の正常状態の保持、腫瘍の増殖抑制、老化予防ですが、このアディポネクチンは男性より女性が多く持っています。

そのため、女性が男性より寿命が長いのこれが大きな理由となっています。男性の内臓脂肪は、このアディポネクチンを減少させてしまいます。もともと少ないのにさらに減るとなるとかなり危険です。

そしてこのアディポネクチンは主に内臓脂肪から分泌されます。これを聞くと、「だったらメタボでもいいでしょ」「言ってる事矛盾してる」という意見が聞こえそうですが、実はメタボであるのは内臓脂肪から分泌されるのは確かですが、逆に多くの内臓脂肪も持つと超善玉ホルモンの分泌量が減ってしまうのです。

誤解してほしくないのは、内臓脂肪を全部落とすということではありません。

ある程度の必要でメタボにならな程度という事です。

・対策と解決(女性)

女性からまず対策と解決ですが、食事の回数を減らさないでください。女性は、体の構造上、食事の回数を減らすと、リバウンドの原因になります。食事面では、低糖質の物を取ってください。

簡単に言えば、肉、魚、卵などです。ダイエットには欠かせない運動も必ず取れ入れてください。運動せずに痩せるなどの夢のような話はありません。

エストロゲン減少が原因でメタボになると言いました。

普段の生活で、主に大豆食品、タンパク質の摂取、過度のダイエット禁止、十分な睡眠を取ってください。これから冬になるので、体を冷やさないように常に温めて欲しいです。

女性が冷え症が多いのは、エストロゲンの原因ともいわれています。

ショウガ湯、ゆずれもん、レモネードなどは体を温めるのに最適な飲み物ですから、お勧めします。

女性は、適度の運動、食事の栄養管理、糖質の制限、十分な睡眠にすれば、脂肪は減っていきます。

・対策と解決(男性)

男性は、食事制限というより、、運動と筋トレをすれば問題解決です。食事面であえて言うなら、糖質を少なく、タンパク質の物ですので女性とあまり変わりません。

男性は、運動や筋トレをすることで、代謝があがり脂肪を燃焼することができます。筋肉があると脂肪が付きにくい体になりますので運動、筋トレもがんばりましょう。

できれば食事前に20分以上すると、かなり効果的です。20分以上続けると、脂肪燃焼ゾーンに入りますので、その後の食事でも脂肪は全て燃焼されます。消費量が摂取量より多ければ余分な栄養がないため脂肪も付くにくくなります。

まとめ

今回は、脂肪特にメタボ解消の方法、知識を説明しました。

それぞれの違い、対策が理解できれば、普段から注意することでメタボじゃない人は体系維持、メタボの方はメタボ解消と自分の状況にあった対策が理解できたと思います。

間違ったダイエットをすると、逆効果になってしまい、時間と労力が無駄になってしまいます。

この記事で、メタボで悩んでいる方の役に立つことができれば幸いです!

 

ダイエットを成功させる秘訣は食事・運動・そして着る服?

できるだけ楽して痩せたい。しんどいダイエットは嫌。私ももちろんその一人。そんなズボラさん達でも続けやすいダイエットがあります。それが、着るだけで身が引き締まる着圧式ガードル。

ここ最近、着るだけで身を引き締めてくれる着圧の服が人気を高めています。履くだけという手軽さが人気の秘訣ですね。

特に加圧式の着圧インナーガードルは、履くだけでダイエット効果があると言われています。

食事に気を使うダイエットや、その他適度な運動に加えて、着圧式のガードルを身に着けるっていうのもダイエットを促進させる手助けになります。

しかし、本当に効果はあるのか気になりますよね。かなり詳しく書いてあるサイトがありますので興味のある方はぜひ。

大人気骨盤ガードルの口コミはこちら

  • アマゾン第1位
  • 楽天第1位
  • ヤフーショッピング第1位

 

公式サイトはこちら